タグ:ロケットストーブ ( 22 ) タグの人気記事

焚き火の季節

a0053783_22583686.jpg

久しぶりに、焚き火小屋の炉に火を熾しました
炉に赤々と火があれば、それを見るだけでも暖かく、実際身体も温まり、風が吹き込む焚き火小屋の冬もこれがあるから越せるというものです
しかし、暖かい季節はお客様でもない限り、炉に火を熾すことはほとんどありませんでした
昨日、岡野さんを訪ねたお客様が、ひととおり用事をこなした後、炉に火を熾し静かに楽しんでいました
今朝、その燃え残りを見て、自然とその跡に薪を並べていました
まるで、山小屋はもちろん登山道もないような山奥の沢に泊まった時のように
ただ燃やすだけではもったいないので、岡野さんが作った特製の”ラダー”を乗せ、小鍋とノブヒェン窯で朝ごはんのおかずを調理しました
炉に合わせて作られたこのラダーは、満タンのダッチオーブンも軽々乗せられるくらいの強度があり、調理の自在度が増します

a0053783_22584538.jpg

ノブヒェン窯の中には、冷凍塩さばフィレを並べて焼きました
香ばしく濃厚で美味しい鯖の塩焼きが出来ました
ノブヒェン窯は、ロケットストーブはもちろん、ガステーブルでも、焚き火でも使えます
熱伝導と輻射について、生活の中で身に付く程度の感覚を持ち合わせていれば、だれでも使える道具です
逆に、センサーやコンピュータなどで自動制御された生活の中で、人としての感覚を手に出来る道具とも言えるでしょう
そしてなにより、この窯で作った料理はおいしいです!

a0053783_22585234.jpg
台風18号の接近で、昨日からの野分らしい風が、雨を伴って強くなり、気温の上がらない一日でした
暖まるものをと、夕飯には豚汁をかまどの羽釜でつくりました
里芋の代わりにサツマイモを使い、黒糖と生姜を加えたところは、とあるnobさんが新地町での炊き出しイベントのために教えてくださった秘伝のレシピの技の拝借です
とても美味しくて、身体が温まります
いっぱい作ったので、いっぱい余っちゃった

芋や大根、白菜など、おいしい冬の野菜が出回り始めました
火を熾すのも、これまで以上に心地よいと感じます
上津の四季を心地よく感じることの出来る焚き火小屋ですが、焚き火の季節とでも言うようなこれからの季節もまた、よい季節です
そんな季節の到来を感じた日でした



[PR]
by hee3hee3 | 2014-10-06 01:47

正常進化のさきに

a0053783_09430751.jpg

かまどで栗を焼きました
一昔前なら、普通にしていたことなのでしょうけど、いまは贅沢品とも言える焼き栗
わたしも初めてでした
初めてなので、皮に切れ目を入れたほうがよいのかどうかわからず、両方試しました
切れ目のないほうが、かまどの中で爆発しました
ひとつ爆発したタイミングで、全部取り出したら程よい焼き加減でした
待ちきれずに切れ目のない栗にナイフを立てたら、その瞬間にまた大爆発
予想はしてましたけど、ああびっくりした!

a0053783_09452630.jpg
栗のためにかまどに火を熾したわけではなく、ごはんを炊くついでに焼きました
栗の皮を剥いて、ごはんと一緒に蒸らそうと思っていましたが、剥くのが追いつかず、焼き栗の混ぜごはんのようになりました
しかし、美味しいです
かまどで焼いた栗は、香ばしく焼けたところと柔らかいところのムラがあり、よく焼けたところは渋皮まで香ばしくいただけました
見た目も味もワイルドです


a0053783_09140593.jpg

かまど焼き栗に飽き足らず、ノブヒェン窯でも焼きました
窯のフライパンに瓦を敷いて、その上に直接、切れ目を入れた栗を並べて強火で焼くだけです
切れ目を入れてますが、そのうち窯の中で「パン!」とはじける音がします
ひとつ音がしたらそれを合図に火から下ろしてOK
かまどよりも蒸し焼きに近い、ほくほくの美味しい焼き栗が出来ました
灰も煙もかぶらず、焼け方もより均等です
かまどがワイルドなら、ノブヒェン窯はオピネルのナイフほどのスマートさを身につけていると言っていいかもしれません

a0053783_10005465.jpg
焚き火小屋のご近所の古老が、ご自身で育てた黒豆の枝豆を手に訪れてくださいました
「あんたは、こういうのをやったことがないじゃろう」
と言って、鋏で豆の両端をちょきちょきと切りながらお話をしてくださいました
わたしも、横で同じようにちょきちょきしながら、興味深いお話を聞きました
わたしの実家は農家で黒豆も大豆も作っていましたが、枝豆をちょきちょきした記憶はありませんでした
1970年代に生まれ育ち、農家と言いながら両親は勤め人で、わたしは農作業をあまり手伝ったことはありませんでした
焚き火小屋で岡野さんやいろいろな人のお話を聞く機会に恵まれましたが、失われた大切なものがそこにあったことを知るにつけ、その時代を羨ましく感じます

a0053783_09595892.jpg
枝豆は、すぐさまかまどの羽釜で塩ゆでにしました
ついでにまた栗も焼きました
栗と枝豆がおいしくて、おいしくて
手が止まりません
かまどで直火を使えば、こんなにも美味しいものが食べられるのに、
ガスや電気で調理することにあっという間に変ってしまったのか、
その時代に生きていないわたしには推測することしか出来ませんが、
もっと別の選択肢があってもよかったと残念でなりません

a0053783_10102598.jpg
岡野さんが精魂込めて作った「鉄の花」は、溶接痕を磨き落とし、内側も滑らかに整えられ、必要な大きさに切り出されました
新型ロケットストーブの排気用ファンネル、ということがわかりやすく見えてきたのではないでしょうか
ファンネルというのは、車好きの人にとっては”キャブレター”の吸気口で馴染みがあると思います
いかに大量の空気をスムーズに取り込めるかがエンジン出力に影響するので、こんな綺麗なカーブを描く筒が付いているわけです
ロケットストーブの排気の場合は、流れが逆ですが、いかにスムーズに煙を本体から煙突に導くかを考えた結果の形状です

自動車の世界では、省燃費をめざしてハイブリッドカーや電気自動車が生まれ、普通に見かけるまでになりましたね
しかし、その一方で、これまであったレシプロのエンジンをさらに見直し、ガソリンエンジンだけでもハイブリッドに遜色ない燃費にまで高めたエンジンも生まれています
特別な魔法を使ったわけではなく、ミソは、基本的な燃焼や吸排気や摩擦や振動などを徹底的に見直し、精度よく製作し、エネルギーを無駄にしないように配慮したことだと言います
ガソリンを少しずつエンジンの筒の中で爆発させ、毎分何千回もピストンを往復させ、それを回転運動に変えるエンジン
数百年かけて積み上げた内燃機関の技術は、積み上げられるだけの素性のよさがあったともいえるのでしょう
積み上げた技術やそれを取り巻く環境を捨てて、電気自動車などの新しい技術ばかりに目を向けるのは、愚かなことだと思います

a0053783_10275861.jpg

ガスや電気に取って代わられた薪火文化が正常進化すれば、きっとこうなるに違いない
このロケットストーブはそんなストーブです
小枝程度の薪を効率よく燃やし、400度を超える調理温度を生み、煙ったりすすけたりすることのない調理用薪ストーブ
薪火料理のおいしさを、火の暖かさを、もういちど取り戻したいですね







[PR]
by hee3hee3 | 2014-10-01 23:35

鉄の花咲く

a0053783_22420445.jpg

鉄の花が咲きました
花びらをいっぱいに開き、満開です

a0053783_22404703.jpg
満開の前の段階はこうでした

a0053783_22410248.jpg
その前はこんな感じ

a0053783_22411463.jpg
花びらを増やしているところを拡大
鉄板と鉄板の間を埋めるように、三角に切り出した鉄板を曲げ、隙間の形に合わせて削り、溶接
細長い鉄板のほうは、外に広がるように曲げ、パイプの円周に沿うように叩き、溶接

a0053783_22412535.jpg
花びらをつくる岡野さん
鉄板を切って、曲げて、削って、溶接して・・・
言うのは簡単ですが、気の遠くなりそうな作業です

a0053783_22415059.jpg
この作業をしているところを見て、言葉が出ませんでした
固まって、口が塞がりませんでした

「これくらいのものが作れてしまえば、もう何も怖くない」
と岡野さん
「あのときあれが出来たんだから、今これだって出来るはず!」
と思うことがありますが、そういう感じなのでしょうか?


a0053783_22421630.jpg
この花が何かというのを説明するのを忘れるところでした
横から見るとこんな形をしています
これは、新型ロケットストーブのボディから排気の煙突を出すための”ファンネル”です
上になっている平たい部分がボディに付き、
下の細い方にホンマ製作所のφ106ステンレス煙突(ハゼ折)を差し込む構造です
排気がスムーズに流れるように、このようなカーブをつけてあるのです

a0053783_22422523.jpg

まだ作業途中の未完成
鉄板のつなぎ目は溶接し、表面を整え、流れを妨げないよう、見た目が美しくなるよう加工します
縁は、あとで切り取って整形するそうです

a0053783_22413636.jpg
作業おつかれさまです!
と、岡野さんの好きな赤貝をペール缶ロケットストーブで煮付けました
なんて美味しいんでしょう

 






[PR]
by hee3hee3 | 2014-09-30 23:04

無題

a0053783_6183768.jpg
もやっぽい朝
ひんやりと湿った空気
これもなかなかよいものです

a0053783_618312.jpg
朝はごはん炊きから


a0053783_6182651.jpg
わかなの味噌煮


a0053783_618868.jpg
岡野さんのトラックハウス用ロケットストーブの製作は毎日確実に進んでいます
アイデアがどんどん形になって機能していく
魔法のようです


a0053783_618410.jpg

作っては、燃焼テスト
上部ユニットの側面が出来ました



a0053783_6175813.jpg

その辺で拾えるような小枝が燃料となる
つまり、燃料代がただで、しかも薪割りとかしなくていいのです
さらに、これを続ければ、山もきれいになるし
いいことづくめ♪

a0053783_6175430.jpg

ししゃもがおいしく焼けました
このあと、鮭のちゃんちゃん焼きもおいしく出来ました
火力は十分、すぎるくらいです


[PR]
by hee3hee3 | 2014-09-23 23:18

無題

a0053783_23154383.jpg
畑の片隅に咲いていた花


a0053783_2315493.jpg
朝ごはんは、鰆の西京漬など
でした
ごちそうさまです


a0053783_23155969.jpg
お昼は、わかなのノブヒェン窯焼き


a0053783_2316557.jpg
芋も焼いてみました
立派なサツマイモが、おいしく焼けました
ごちそうさまです


a0053783_23161329.jpg
岡野さんの作業
物入れの鉄板を再利用してロケットストーブに使ってくださいます
ベビーサンダーで切れ込みを入れてから、ジグソーで切り出し
なんだそうです
3ミリも厚さがある鉄板ですから、まっすぐ切るだけでも大変です
普通はもっと大掛かりな道具を使い、このような道具ではしない作業だそうです
しかし、あるものでやってしまうのが岡野さんの凄いところ

a0053783_23162048.jpg
そうやって苦労して切り出した鉄板を使って、
トラックハウス用ロケットストーブのトッププレートはこんな感じになりました


a0053783_23364320.jpg

トラックハウスの電源ボックス
バッテリーチャージャーとバッテリーをつなぐケーブルを、岡野さんに8sqのKIV線で作って配線してもらいました
直流ですから、電圧降下を考えて電線はなるべく短く
しかし、あとからの変更を考えてすこし余裕を持たせ
そして美しく整えて配線
なるほど、理にかなった仕事を丁寧におこなえば、こんなに美しいのですね
お手本とさせていただき、残りの配線を頑張ります


[PR]
by hee3hee3 | 2014-09-22 23:13

順調の中身

a0053783_21461222.jpg
岡野さんのトラックハウス用ロケットストーブの製作
今日はこんな感じです
まるでパズルを解くような作業の日々

a0053783_21461840.jpg
拡大


a0053783_21462729.jpg
角度を変えて
何をしているのかと言えば、カーブしたところに鉄の切片を溶接するための固定をしているところだそうです
切片を望む位置に動かないように固定するために、どうすればよいのかを考えて、結果、鉄アレーの丸い部分とレンガのような鉄のブロックを使ったそうです
パズルが解けたようです
こんなのを次々と解決して、トラックハウスもロケットストーブも出来ています
なんという知恵でしょう
出来ないと思わずにあるものでやるというのは、こういうことなのかと教えてもらった感じです

a0053783_21464894.jpg
わたしのほうは、木工です
切ったり、彫ったり、削ったり
ど素人でなかなかうまくいきませんが、
岡野さんに少しでも近づけるように、自分なりに考えて、出来る方法で、出来ることをとやっています
少なくとも、トラックハウスをつくり始めた時よりは進歩している・・・かな

a0053783_21465621.jpg
できました
玄関脇の開口部に(ようやく)垂木を入れました
とりあえずさっさと塞いでおこうという予定でしたが、垂木が微妙に違う太さだったりして、予想外に手間がかかってしまいました
太さが揃ってないと、このあと板を張る時に不都合なので、ちゃんとそろえて削らなきゃならないのです
ふぅ

a0053783_21471455.jpg
ロケットストーブの燃焼テスト
インドのカレー鍋を加工した蓋(岡野さん作)が怪しげに光っていますね

a0053783_21471862.jpg
なんだろう?と外を見れば、妖しいまでの夕焼け


a0053783_21472442.jpg
で、蓋の中身はと言うと
北海道はKAGUYAさんのお餅でした
冷凍保存してあったものを、冷凍のままストーブに乗せ、蓋を被せること10分ほど
柔らかく、香ばしく焼けました

a0053783_2147573.jpg
ロケットストーブはこんな感じです

a0053783_21473187.jpg
宮城の焼き海苔にくるんで、うまいです
あまりにうまくて、もう1ラウンドいってしまいました

a0053783_214735100.jpg
ロケットストーブの燃焼もいい感じです


a0053783_21474023.jpg
ついついお餅を食べ過ぎたので、あとはポトフのようなスープで夕飯とします


a0053783_21474540.jpg
といいながら、スープを焚いている合間に、ベーコンを焚き口で炙り焼き
楽しいです、ロケットストーブ

a0053783_21475424.jpg
ポトフもおいしく出来て、写真を撮る間もなく、ごちそうさま

毎日毎日、頭と体を使って、パズルを解き、それを形にする作業
悩んだり、失敗したりもいっぱいありますが、
思い通りの形が出来れば、その物や身につけたスキルは宝物になります
いま、どれだけの宝物が手に入っただろう?


[PR]
by hee3hee3 | 2014-09-20 21:49

もったいないほどの秋晴れ

a0053783_2083614.jpg

高い中層雲や上層雲の多かった空が、次第に青空に変わりました
かまどで炊きたての玄米ごはんも、みそ汁も、鍋しぎも目玉焼きもおいしく、
よい一日になりそうな朝

a0053783_2084490.jpg

晴れを見越しての洗濯
トラックハウスの屋上のガルバリウム鋼板の上で、日差しと風に当たってカラカラです
屋上から斐伊川の土手をいく車を眺めるのも気持ちいい

a0053783_2085365.jpg

お昼は、ロケットストーブで焼き飯をつくりました
玉ねぎの甘みと、すこし加えたニンニクの風味が味を引き立てます

a0053783_2085938.jpg

午後は、あまりによい天気なので、ペンキ塗りに作戦変更
トラックを何色にするかずっと悩んでいましたが、コメリで「オーシャンブルー」のペンキを見つけて購入
とりあえず、玄関デッキのフレームに塗ってみました
ちなみに、トラックハウスは古い手づくりヨットをイメージして作っています、最近は
もうちょっと鮮やかさを期待したのですが、普通にトラックの青といった感じでした
それもあれなので、センターに2本白のラインを入れて、コブラ風にしようかな(嘘です)

a0053783_209610.jpg

外したついでに、デッキの板も荏油を追加塗り

a0053783_209938.jpg

おやつは、岡野さんのノブヒェン
厚めにスライスしたノブヒェンに、ミニトマトのスライス、白南風のベーコン、庭先のフェンネル、とろけるスライスチーズをのせてノブ窯焼き
うまいです
フェンネルの風味でか、チーズがとっても上品です
ごちそうさまでした

a0053783_209178.jpg

デッキをトラックに戻しました
ふむ
日陰のほうがいい色に見えます
この色でいこうかな

 

[PR]
by hee3hee3 | 2014-09-20 20:28

ベーグルの上に天使の輪

a0053783_22372027.jpg

岡野さんのロケットストーブづくり
昨日鉄板から切り出した円盤は、こうなりました

a0053783_22372767.jpg

インナーカバーのトッププレートも大胆に切り抜かれ、そのうえに輪っか

a0053783_22373319.jpg

インナーカバーも、よく見ると細かいところまで作り込まれています
まるで鋳物のように見えますが、鉄板と鉄パイプから出来ています

a0053783_22424277.jpg

わかるかな?このすごさ。。

a0053783_2246792.jpg

トラックハウスのロフト左サイドの壁
これで、ロフトの壁は全部張り終わりました
次は居室の壁ですが、取り合いの調整で垂木を削ったりして、ちょっと手間取っています

a0053783_2237649.jpg

朝ごはんにアジの開きのノブ窯焼き
香ばしく焼けたアジが、とてもおいしかったです

a0053783_22371427.jpg

 

 

[PR]
by hee3hee3 | 2014-09-17 22:36

燃焼テストは危険なり

a0053783_2159244.jpg

岡野さんのトラックハウス用新型ロケットストーブはパーツの製作→燃焼テストの繰り返しをしています
先日の”ベーグル”にかぶさるように、ロケットストーブ上部のカバー(のインナー)が乗っかりました
さらにその上に、ノブヒェン窯のアウターボールが乗っかっています
ボディを囲む波板は、仮のものですが、こんな風にボディを四角く囲って、ガルバリウムの円筒との間に排気を降ろし、煙突管で室外に放出する予定です
もちろん、波板ではなくて、もっとカッコよくなるので安心してください

a0053783_21593047.jpg

アウターボールの中で焼いていたのは、これ
ノブヒェン窯の瓦のかけらをトッププレートに並べ、その上でベークドポテトです

a0053783_21593699.jpg

トッププレートの温度は、400度!を超え、
10分ほどで、こんがりおいしく焼けました

a0053783_21591884.jpg

お昼は、大根の間引き菜パスタにベークドポテトを添えて
間引き菜がシャキシャキとして美味しいです

a0053783_21591117.jpg

燃焼テスト、といいながら何度もイモを焼く
バターも乗っけちゃったりして、どう考えても食べ過ぎですわ
なんたっておいしいし、大義名分も立っちゃって、これはヤバいですね

a0053783_21594817.jpg

今回の燃焼テストの結果が良かったので、次のステップへ進む岡野さん

a0053783_21595233.jpg

こうやって円盤を切り出したわけですね
たしかに、こうすれば出来ます
出来ると思いつければ出来るということです
そうやって本当に出来ちゃったものが目の前にあるので説得力あります
しかし、実際につくっちゃうところが凄いです

a0053783_21594173.jpg

わたしのほうは、ロフト左側の壁板を張りました
切って、削って、柿渋と荏油を塗って、
グラスウールを充填して、
壁板を釘とビスで打ち付けました
写真は、後日

a0053783_2159490.jpg

朝ごはんの野菜と豆腐の卵とじ
おいしかったので、記録
 

[PR]
by hee3hee3 | 2014-09-17 21:58

秋の空と変らないもの

a0053783_483644.jpg

朝晩はかなり涼しくなりました
焚き火小屋の前のおばあさんの畑では、里芋が大きく育っています
トラックハウスの縦長窓より

a0053783_484514.jpg

かぼちゃやサツマイモがおいしい朝ごはん

a0053783_485436.jpg

干し大根のサラダ?酢の物?

a0053783_49073.jpg

大人になってから食べられるようになった納豆
冷蔵庫の常備品です

a0053783_4974.jpg

トラックハウスの右サイドには、もうひとつ丸窓を設ける予定ですが、どうでしょう?
ガラスブロック3連でデザイン的に完成との意見もあり、ちょっと迷ってます
丸窓は、はめ殺し窓にして、ステンドグラスを入れる予定です
ガラスブロックのほうは、今日は段取りを少しずつ

a0053783_491445.jpg

岡野さんのほうでは、新型ロケットストーブのテスト続行中
お湯1リットル沸騰記念(?)に、沸かしたお湯でお抹茶などいただきました
おいしいです

a0053783_491968.jpg

焚き火小屋の壁の間から見事なうろこ雲
秋の空ですなぁ

a0053783_492682.jpg

夜は、北海道からはるばる島根のスーパーまでやってきた秋刀魚を、この秋始めていただきました
背中側から見て、丸々と太ったやつを選びました
ノブヒェン窯で塩焼きです
香ばしく焼けましたよ

a0053783_493262.jpg

秋刀魚はほぐして、大根おろし、出西生姜のすり下ろし、奥出雲の醤油とまぜて熱々のごはんの上へ
見た目はぱっとしませんが、とってもおいしいです
幸せです
あと、あさりのお味噌汁と、胡瓜とワカメの酢の物、しろうさぎ工房の「やわらか豆腐」
そうそう、前菜(?)にYさん手づくりの卯の花をノブヒェンに乗せていただきました
これがとっても美味しくて、1センチ厚で2切れもいただいてしまいました
さらに、デザートにはこれまた頂き物の葡萄を
ああ、お腹いっぱい食べてしまいました

a0053783_493894.jpg

トラックハウスの上に、満月の夜

南三陸ではどんな月を眺めているのだろう 

 
[PR]
by hee3hee3 | 2014-09-09 23:08


風まかせ


by hee3hee3

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

管理人のページ

検索

カテゴリ

全体
南極
Mac
レシピ
ロケスト
未分類

タグ

(43)
(22)
(6)
(3)
(1)
(1)

その他のジャンル