タグ:トラックハウス ( 43 ) タグの人気記事

ベーグルの上に天使の輪

a0053783_22372027.jpg

岡野さんのロケットストーブづくり
昨日鉄板から切り出した円盤は、こうなりました

a0053783_22372767.jpg

インナーカバーのトッププレートも大胆に切り抜かれ、そのうえに輪っか

a0053783_22373319.jpg

インナーカバーも、よく見ると細かいところまで作り込まれています
まるで鋳物のように見えますが、鉄板と鉄パイプから出来ています

a0053783_22424277.jpg

わかるかな?このすごさ。。

a0053783_2246792.jpg

トラックハウスのロフト左サイドの壁
これで、ロフトの壁は全部張り終わりました
次は居室の壁ですが、取り合いの調整で垂木を削ったりして、ちょっと手間取っています

a0053783_2237649.jpg

朝ごはんにアジの開きのノブ窯焼き
香ばしく焼けたアジが、とてもおいしかったです

a0053783_22371427.jpg

 

 

[PR]
by hee3hee3 | 2014-09-17 22:36

燃焼テストは危険なり

a0053783_2159244.jpg

岡野さんのトラックハウス用新型ロケットストーブはパーツの製作→燃焼テストの繰り返しをしています
先日の”ベーグル”にかぶさるように、ロケットストーブ上部のカバー(のインナー)が乗っかりました
さらにその上に、ノブヒェン窯のアウターボールが乗っかっています
ボディを囲む波板は、仮のものですが、こんな風にボディを四角く囲って、ガルバリウムの円筒との間に排気を降ろし、煙突管で室外に放出する予定です
もちろん、波板ではなくて、もっとカッコよくなるので安心してください

a0053783_21593047.jpg

アウターボールの中で焼いていたのは、これ
ノブヒェン窯の瓦のかけらをトッププレートに並べ、その上でベークドポテトです

a0053783_21593699.jpg

トッププレートの温度は、400度!を超え、
10分ほどで、こんがりおいしく焼けました

a0053783_21591884.jpg

お昼は、大根の間引き菜パスタにベークドポテトを添えて
間引き菜がシャキシャキとして美味しいです

a0053783_21591117.jpg

燃焼テスト、といいながら何度もイモを焼く
バターも乗っけちゃったりして、どう考えても食べ過ぎですわ
なんたっておいしいし、大義名分も立っちゃって、これはヤバいですね

a0053783_21594817.jpg

今回の燃焼テストの結果が良かったので、次のステップへ進む岡野さん

a0053783_21595233.jpg

こうやって円盤を切り出したわけですね
たしかに、こうすれば出来ます
出来ると思いつければ出来るということです
そうやって本当に出来ちゃったものが目の前にあるので説得力あります
しかし、実際につくっちゃうところが凄いです

a0053783_21594173.jpg

わたしのほうは、ロフト左側の壁板を張りました
切って、削って、柿渋と荏油を塗って、
グラスウールを充填して、
壁板を釘とビスで打ち付けました
写真は、後日

a0053783_2159490.jpg

朝ごはんの野菜と豆腐の卵とじ
おいしかったので、記録
 

[PR]
by hee3hee3 | 2014-09-17 21:58

ネコの椅子

a0053783_653949.jpg

おじゃまします
って、なんだここは?

a0053783_616238.jpg

ふむふむ
なんだか家の中のようだ

a0053783_616593.jpg

天井の穴から屋根に上れるじゃないか
いいぞ

a0053783_6173079.jpg

ほうほう

a0053783_618369.jpg

なかなか気に入ったぞ

a0053783_618969.jpg

ここはわたしの場所じゃ

a0053783_6184772.jpg

外も見えていいじゃないか
鳥が来たら獲ってやろう

a0053783_619465.jpg

この鳥は不味そうだな

 
[PR]
by hee3hee3 | 2014-09-15 06:04

こどもの城

茶屋町で、
同級生と、その子らと、その近所の子らが群がって
トラックハウスは、子どもたちのお城になりました

まずは、質問攻め
「ごはんはどこで食べるの〜?」
「ごはんはどこで作るの?」
「お肉は?」
「水道は?」
「ベッドは?」
「エアコンは?」
「トイレは?」
「テレビは?」
「畳は?」
「ごはんはどこで食べるの〜?」(しつこい^^)
「お肉は?」(^^;)
・・・
子どもたちにとって、家はどういうものかがわかって面白いです
いちばんは、家族が揃って食事をする場所、なのですね
(好きな食べ物は、お肉、と)

お上がりください、と言えば、ちゃんと「玄関」で靴を脱いで上がってくる
「座っていい?」と聞いて、大きなチェアに包まれる
フレームをよじ上ってロフトに上がり
「広いね〜」と言って、5、6人が並んでロフトに寝転がり
天窓から顔を出し
「屋上だよ」
と言えば、這い上がって「気持いい〜!!」と風にあたる
「ここでごはん食べれるじゃん」と、屋上バーベキューを提案し
「花火がよく見えるね」と、花火大会に誘い
「ステージみたい」と女の子
「歌って踊っていいよ」といえば恥じらうけど
「すきな歌は?」と聞けば、私の知らない歌を小さな声で口ずさみ
それにまわりが合わせて合唱となる

はじめは「これが家?」といぶかしがっていた子らも
しだいに「家だ〜!」と納得し
「みんな手づくりなんだよ」と言えばおどろき
「窓も机も、わたしがが欲しいものを欲しいように作ってあるんだよ」
と言えば「だからこの家、みつどがこいんだね」と、なるほどと思う答えが返ってくる
「こんどは梯子をつくっといてね」「2階をつくっといてね」
と、自分が欲しいものを追加し、
最後は、
「また来てね〜」と、トラックハウスらしい別れの挨拶

あー、楽しかった

 
[PR]
by hee3hee3 | 2014-09-13 23:44

段取り9割

a0053783_6374132.jpg

トラックハウスの右壁に、ガラスブロックの窓が入りました

a0053783_6383246.jpg

こんなふうに、垂木で作った枠と追加のベースで固定されるようにして、変成シリコンコーキングを充填しました

a0053783_6382014.jpg

外壁と面が揃うように、十字の板を切り出して、枠に固定して、ガラス面をあわせました

a0053783_6392320.jpg

ガラスブロックのほうにも細工がしてあり、
底面には、発泡スチロールれんがを切り出して、ベースを作り、シリコンコーキングをガラスとの隙間に充填して貼ってあります
ベースは、下の枠との隙間が5mmになるように厚さを調整
前後左右の位置と傾きも、ベースを枠に合わせて切ることで調整でき好都合でした
上と左右の面は広すぎる隙間を埋めるため、コーキング用のバックアップ材を巻きましたが、枠にほどよく納まり、ガラスブロックの位置決めの役割りも果たして、こちらも好都合でした
取り付け方法のアイデアは、岡野さんにいただきました
ありがとうございます

a0053783_6385432.jpg

室内側からたっぷりとシリコンを充填して動かないようにしたら、壁側の縁を充填
見栄えにいちばん影響するところです

a0053783_639989.jpg

ちょっとした失敗もありましたが、なんとかできました

a0053783_6394192.jpg

日を改めて、残りの2つも完了

a0053783_64019.jpg

右サイドも家らしくなりました

a0053783_6455597.jpg

焚き火小屋を訪ねてお客様がありました
自然農の畑でつくった野菜をたくさん自転車で持ってきてくださいました
かまどや炉やロケットストーブでおいしいおいしいごはんを作ってくださり、
「作業してていいですよ」と、片付けまでしてくださいました
お言葉に甘えて、片付けの合間に窓の作業
段取りはできていたので、少しの時間で仕上げることができました
お二人には感謝です

a0053783_64068.jpg

曇りガラスに加工した窓は、光の加減がちょうどいい感じです
残り1枚も、あとでエッチングクリームを使って曇りガラスにする予定です
 
 
[PR]
by hee3hee3 | 2014-09-11 23:37

秋の空と変らないもの

a0053783_483644.jpg

朝晩はかなり涼しくなりました
焚き火小屋の前のおばあさんの畑では、里芋が大きく育っています
トラックハウスの縦長窓より

a0053783_484514.jpg

かぼちゃやサツマイモがおいしい朝ごはん

a0053783_485436.jpg

干し大根のサラダ?酢の物?

a0053783_49073.jpg

大人になってから食べられるようになった納豆
冷蔵庫の常備品です

a0053783_4974.jpg

トラックハウスの右サイドには、もうひとつ丸窓を設ける予定ですが、どうでしょう?
ガラスブロック3連でデザイン的に完成との意見もあり、ちょっと迷ってます
丸窓は、はめ殺し窓にして、ステンドグラスを入れる予定です
ガラスブロックのほうは、今日は段取りを少しずつ

a0053783_491445.jpg

岡野さんのほうでは、新型ロケットストーブのテスト続行中
お湯1リットル沸騰記念(?)に、沸かしたお湯でお抹茶などいただきました
おいしいです

a0053783_491968.jpg

焚き火小屋の壁の間から見事なうろこ雲
秋の空ですなぁ

a0053783_492682.jpg

夜は、北海道からはるばる島根のスーパーまでやってきた秋刀魚を、この秋始めていただきました
背中側から見て、丸々と太ったやつを選びました
ノブヒェン窯で塩焼きです
香ばしく焼けましたよ

a0053783_493262.jpg

秋刀魚はほぐして、大根おろし、出西生姜のすり下ろし、奥出雲の醤油とまぜて熱々のごはんの上へ
見た目はぱっとしませんが、とってもおいしいです
幸せです
あと、あさりのお味噌汁と、胡瓜とワカメの酢の物、しろうさぎ工房の「やわらか豆腐」
そうそう、前菜(?)にYさん手づくりの卯の花をノブヒェンに乗せていただきました
これがとっても美味しくて、1センチ厚で2切れもいただいてしまいました
さらに、デザートにはこれまた頂き物の葡萄を
ああ、お腹いっぱい食べてしまいました

a0053783_493894.jpg

トラックハウスの上に、満月の夜

南三陸ではどんな月を眺めているのだろう 

 
[PR]
by hee3hee3 | 2014-09-09 23:08

トリプルトリマー

a0053783_22411590.jpg

午前中にゆっくりと準備を整え、午後、いよいよ核心部の作業に入りました
なんども間違いのないことを確認し、こんな感じでトリミング
壁に固定した板は、トリマーのガイドプレートです
ガイドに沿わせてトリマーを動かし、壁板を四角くくり抜きます

a0053783_2244621.jpg

右サイドの壁に、穴が3つ空きました
ゆがんだりして、ないですよね?
成功と言っていいでしょう

a0053783_22442715.jpg

拡大
うん、悪くない

a0053783_22421773.jpg

室内から
うん、窓です
外壁を張る段階で準備しておいた窓が、ようやく空きました
まだこれにガラスブロックを入れる作業がありますが、とりあえず、ほっとしました

a0053783_224140100.jpg

切り抜いた壁板
カビにやられたかな〜?と心配していたのですが、
断面はとてもきれいで、驚くほどでした
やはり杉板はいいです

a0053783_22422399.jpg

片付けも終わった頃、祝福するような月が現れました
しばし、デッキにチェアを持ち出して鑑賞
感慨ひとしおなり
 

 
[PR]
by hee3hee3 | 2014-09-08 23:01

あせらずゆっくり丁寧に

a0053783_22182233.jpg

朝の露草
子どもの頃、好きな花といえば露草でした
実家のまわりにたくさん咲いていて、この青色がたまらなく好きだったのです
いまでも、好きな花です

a0053783_22182982.jpg

朝のかぼちゃサラダ
まだ瑞々しいかぼちゃなので、水分の多い、ゆるいサラダになってしまいましたが、
透明感のある黄色が朝の光で綺麗です

a0053783_22184442.jpg

昨夜のイカの煮汁で茄子とちくわの煮物
チンゲンサイのみそ汁
玄米ごはん

a0053783_22185316.jpg

お昼は岡野さんのノブヒェンをいただきました

a0053783_22184789.jpg

それと、牛肉のトマト煮
暑くて、おやつ食べ過ぎて、食欲がありませんでしたが、
ノブヒェンのおいしさと、トマトの酸味に助けられました

a0053783_2219256.jpg

トラックハウスの作業は、こんな感じ
「トリマー」という道具を貸していただいて、懸案の、あそこに挑戦です
新しい道具を使いこなすため、間違いなく作業するために
テストしたり、調整したり、治具作成の準備をしたりしました

a0053783_2219751.jpg

夕飯はかぼちゃと豚肉、玉ねぎの煮物
味付けは、日本酒と塩のみ
玉ねぎとかぼちゃの甘みと豚肉と日本酒の旨みで、他に何も要りませんでした

a0053783_22191353.jpg

酢ごぼうもおいしかったです

おいしいごはんをいただいて
ちゃんと手はずを整えて
明日はトリマー本番いけるかな?
 
[PR]
by hee3hee3 | 2014-09-07 22:17

美しい空と新型ロケットストーブテスト

a0053783_20503139.jpg

美しい上津の夜明け

a0053783_20504690.jpg

本日の作業は、トラックハウス用ロケットストーブの燃焼テストです
ストーブの上に鉄板を乗せました
とりあえず、上に乗せた鉄板の影響を見ます

a0053783_20505413.jpg

鉄板が抵抗となって、何もない時よりも吸い込みが悪いですが、
普通のペール缶ロケットストーブ程度には燃えているようです

a0053783_20505943.jpg

熱容量が大きいのと、放熱が大きいので、なかなか温度が上がりませんでしたが、
約15分で200度を超えました

a0053783_2051441.jpg

500ccほどの水が、約20分で沸騰
せっかくなので、これでラーメンの汁を作っていただきました^^

a0053783_20511749.jpg

紫がかった夕焼け空

a0053783_20511090.jpg


a0053783_20512331.jpg

トラックハウスにも映えて

a0053783_2051298.jpg

夕飯は、真イカと大根、大豆の煮物
イカが柔らかくておいしかったです
ほかに、大豆のサラダと寄せ豆腐のオクラのせ
大豆づくしですな

a0053783_20513519.jpg

夜半過ぎに何やら目が覚めて
空を見れば月明かり

a0053783_20514027.jpg


a0053783_20514553.jpg

月が沈んだ後は、星が綺麗でした
[PR]
by hee3hee3 | 2014-09-06 20:50

杉板+荏油 という美しさ

a0053783_5463934.jpg

透明感のある光に照らされて、一段と美しいトラックハウスです
程よい光沢
飴色に、自然に”焼け”た杉板
黒く変色したところ(実は、カビ?)ところまでもがよい風合いです
いつまで見ていても飽きません

a0053783_6143810.jpg

数日前に、5回目となるお化粧をしたばかりですが、
その効果がばっちりと現れた雨の日
お化粧は、真鍮ブラシで表面をブラッシングし、固絞りのタオルで拭き上げてから、荏油をスポンジで塗りました
塗るのは、1回目はタワシで
そのあと刷毛、布などで試してみて、油の量の調整や塗り加減的に台所用のスポンジがいまのところベストです
さいごに、塗りムラとかを確認しながら素手でなで回すとさらによいです^^

a0053783_6144372.jpg

荏油は、”えごま”という植物の種から絞った油で、食用としても利用されています
会津では”じゅうねん”と呼んで、味噌に練って田楽などにつけたのが美味しかったです

杉板と荏油を選択したことを、ほんとうによかったと、何度も思います
こんなに美しく、
杉板の断熱は抜群で、
年を経るごとに増す味わいを楽しめて、
その変化を育てるように、お化粧を施して手をかけてやることが出来、
やろうと思えば荏胡麻油を自分で作ることだって出来、
どうしても痛んでしまったら、部分的に切り貼りしたりして、
最後の最後には、燃料として調理や暖房に使えるのです

家は、心から心地よく思えるものであってほしいと思います
自分で手入れを出来る程度のものが身の丈に合ってよいと思います
身近なところにある材料でつくるのがよいと思います
 
[PR]
by hee3hee3 | 2014-09-05 23:50


風まかせ


by hee3hee3

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

管理人のページ

検索

カテゴリ

全体
南極
Mac
レシピ
ロケスト
未分類

タグ

(43)
(22)
(6)
(3)
(1)
(1)

その他のジャンル