<   2014年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧

実家の稲刈り

a0053783_09130312.jpg

金曜の夕方から実家の稲刈りでした
6月半ばに田植えをし、4ヶ月と10日ほどを両親が田んぼで育てた稲です
大雨が降ったり、大風が吹いたりもしました
台風18号と19号で、たくさんの稲が倒されました
ほとんどの稲が倒れてしまった田んぼもあり、そんなのを見ると心が痛みます
ただ、倒れた稲も普段より手間をかけて刈り取りさえすれば、食べられないものではないのが救いです
よく育ち、よく耐えたものだと思います
倒れた稲は、コンバインで刈るのが難しいところもあって、そこは手刈りをすることになります
わたしなんかはお気楽な人ですから、手刈りのほうが楽しくて、暇があれば手刈りできそうなところを探して手刈りしてました
稲の中には、たくさんの生き物が棲んでいて、刈り取ると虫や蜘蛛や蛙なんかが出てきます
カラスやサギは、それを待ち構えていてついばみます
立ち上がって空を見上げ、風に当たると、稲の匂いの風が気持ちのいいこと!
はて、カラスに混じっているはずのトンビの姿が見えないのですが、なにか異変があったのでしょうか?
とっても気になります
稲刈りの手すきは、柿の木から柿をもいで食べたり、ミニトマトをつまみ食いして水分&栄養補給です
お昼ごはんには、ロケットストーブでつくったカレーをお外でいただきました
向こうの田んぼでは、子どもたちが走り回っているのが見えます
わたしも、稲刈りの時には走り回ったり、落ち穂を拾ったりしていたことを思い出します
落ち穂を拾えば、数日分の自分の主食が簡単に手に入ることに感動したものです

a0053783_09131577.jpg

刈り取った稲は、コンバインの機能で脱穀されて籾になります
それを乾燥させるために農協の「ライスセンター」に持込みます
お昼を過ぎると順番待ちの軽トラの列ができ、長い時には2時間待ち
その間は、近所の人とかセンターの人とおしゃべりして時間をつぶしました
去年は、天候のせいか持ち込みが集中し、職員2〜3人で翌朝3時まで働いたとか
ご苦労さまです
今年は、バイトも入れて4〜5人のようでした
このライスセンターが出来る前は、家で乾燥をしていました
車庫に大きな囲いを作って籾を入れ、灯油を燃やした温風を当てて乾かす方法です
いまでもこの方法で乾燥をしている家もちらほらあります
自分の家の米を自分で乾燥できるのはいいですが、燃料が高くなって大変なことでしょうと心配してしまいます
乾燥機の前は、”はで干し”です
はで木を田の中に組んで、それに稲の束をかけて乾燥させます
わたしにははで干しの経験はなく、いまでも実家のまわりではほとんど見ることはありません
今年は倒れて水に浸かった稲を干しているのが少し見られるくらいです
兼業農家ばかりですから、手間がかかることは他の手に委ねて省力化をしたのでしょう
しかしやはり、美しいはで木の並んだ田んぼの風景には憧れます
南三陸町など見事です


a0053783_09153574.jpg

工場のようなライスセンター
地下のホッパーに吸い込まれた籾は、パイプで送られてゴミを取り除き、乾燥に掛けられます
地下に吸い込まれていく籾たち、ブンブンと大きな音を立てて回る機械、
集められた籾は、ブレンドされ、農家の手元に戻ったり、「岡山米」として売られたりすることになります


[PR]
by hee3hee3 | 2014-10-26 23:01

苧の字つながり

a0053783_13363004.jpg
母につき合って、お隣は早島町の「いかしの舎」でランチをいただきました
「いかしの舎」は、「五十橿舎」と書いて、明治期の歌人で岡山市に在住した岡直廬(おかなおり)が命名したもので、「盛りに足りておごそか」という意味だそうです(いかしの舎HPより)
もともとは、問屋業を営んだ寺山家の住居で、明治時代に建てられたものを改修したそうです
立派な母屋の天井は高く、太い木を用いてどっしりと丈夫でありながら重苦しさを感じないのはデザインが優れているからでしょう
中庭はさっぱりと美しく、池のまわりにほどよくススキが茂り、風情がありました
中を見てはいないのですが、長屋門や蔵の2階なども素晴らしそうです
長屋門の中を見忘れたのは、その外にあった案内板に気を取られていたからでしょう
そこには、
寺山家の祖先が上道群寺山村から江戸時代に移住し、畳表の縦糸に栃木産の荒苧(あらそ)を始めて導入した
ということが書かれていました
早島や茶屋町は、い草の栽培がかつては盛んで、畳表やゴザの生産で繁栄した町です
荒苧ってなんだろう?
「苧」の字は苧麻(ちょま)=からむし)と同じ字を用いていると言うことは、麻の一種だろうか?
栃木というと会津に近く、会津には「からむし織り」があったなぁ
そう思い、ランチの雑談の際に店のお姉さんに訊ねたところ、わざわざ検索して結果を印刷してくださいました(ありがとうございました)
それを読むと、たしかに荒苧は麻のようです
絣の模様を染める際に、色がつかないように縛る紐が荒苧(粗苧、荒麻皮とも書き、あらそうとも読む)だそうです
荒麻皮の名の通り、麻を蒸篭で蒸し、表皮をはぎ取って乾燥させたものと文化庁のデータベースにその業が記録されています
栃木産の粗苧が上質とされ、おおくは福岡県八女郡で製造されたものが用いられていたが、いずれも生産は途絶え、昭和初期まで麻栽培が盛んであった大分県内でも、栽培・管理の手間にくらべ利益率が低いことなどから、生産者は減少の一途をたどり、現在では、日田郡大山町で矢幡左右見氏が栽培・管理してきた麻畑一ヶ所を残すのみとなっている(文化庁 2003.7.10)
おそらく今の畳表やゴザに荒苧が用いられていることはないでしょう
遠く離れた地とたった一人の縁で結びついたい草と麻
それがい草の織物に最適だったからこそ栃木からわざわざ運ばれてきたのだとすれば、
「利益率が低い」と言われた荒苧の活路であったのだろうと思います
「いかしの舎」は、豪邸とは言わないまでも、立派なお屋敷です
荒苧の交易で寺山家は繁盛したのだろうと、当時のにぎわいを想像しました

※写真は、「いかしの舎」の柊の下に芽を出したちいさなモミジの葉



[PR]
by hee3hee3 | 2014-10-24 23:36

母のすきな紫陽花は

a0053783_13195593.jpg
(2010.7.18 砥沢川沿いのヤマアジサイ)


季節外れの話題ですが
紫陽花は、ガクアジサイが好きと母は言います
日本原産の在来種です
よくみられる丸いあじさいの花は、在来種のあじさいがシルクロードを運ばれ、欧州で品種改良を受けて逆輸入されたものだそうです

ガクアジサイはあまり見ることがなくなりました
タンポポは在来種にこだわる気象庁の生物季節観測も、あじさいは西洋紫陽花を観測します
ちなみに、あじさいの花はたくさん集まって咲いていますが、あれは「装飾花」と言うもので、本当の、繁殖に携わる花は「真花」と言って、装飾花の真ん中で目立たない姿をしています
生物季節観測では、この真花の開花をもって「あじさい開花初見」とします

あじさいに限らず、日本原産の植物が減っています
外来種のほうが見た目に好まれるために在来種から植え替えられたり、繁殖力の強い外来植物に場を奪われたり、心ない人の手で本来生息していた土地から持ち去られたり
というのが理由だと推測します
生物多様性といいますが、地球上でどの生命もお互いに関わり合って生きています
この世からガクアジサイが絶滅したとしても、人類にはなんの影響もないかもしれません
だけど、この土地で生まれ定着したひとつの種の、この土地に適応して変化した遺伝子が、人の暮らしに寄り添って咲く姿を、気候の変化や土や水の変化に適応していく姿を見続けたい思うのです

幸い、ガクアジサイを栽培しておられる方に出会えたそうです
移植するなら、梅雨の頃がいいとか
いつか、母と庭に咲くガクアジサイを眺められたらいいな
 

[PR]
by hee3hee3 | 2014-10-24 23:16

台風19号が過ぎました

a0053783_06124456.jpg
台風19号が、過ぎ去りました
猛烈な強さの台風でしたが、上陸前に急速に衰え、ほっとしました
とはいえ、日本列島を縦断するコースを進み、島根も暴風域内ということで緊張しました
幸い、こちらも実家も大きな被害はなくてよかったです
みなさまのところは大丈夫だったでしょうか?

トラックハウスも無事もちこたえました
玄関ドアがまだビニールで仮に塞いだだけでしたが、とくに問題となるほどではありませんでした

a0053783_06132800.jpg
タイミングよく、台風の前日には玄関ドアの防水パッキンを入れ終わったところでした
パッキンは、ドア枠にアルミアングル(15×25)を回し、それにジムニーの窓用のパッキンをはめ込むという、窓と同じ方法を採りました

a0053783_06133377.jpg
ヒンジ周辺拡大
3度めということもあり、わりとすんなり出来ました


a0053783_06123724.jpg
ドアのラッチやロックなどはまだなので、ドアが開かないようこんな風にしてました
パッキンが入っただけですが、吹き込みもビニールの隙間からすこしあるくらいで、台風の中でも静かに過ごせました
風でトラックごと揺れるのも、もう慣れましたし

a0053783_06124937.jpg
ただ、まだ雨漏りが数ヶ所ありました
窓は、まだアルミアングルの防水をしていなかったので、ダイレクトに吹き付けられると漏れてきます
しかし、ジャバジャバと叩き付ける台風の雨の中、これくらいですんだということは、ちょっと自慢したいくらいです
防水の仕上げをしていなかったのは、すきま風がちょっとはあるほうがいいなどと考えて後回しにしていたからです
しかし、水も入ってくるとなると、きっちり塞ぐしかないようです
ちゃんと防水の仕上げをすれば、もう台風だって怖くない家になりそうです

a0053783_06123149.jpg

天窓に落ちてくる雨を眺めて過ごしてみたり


a0053783_06121931.jpg

焚き火小屋で、岡野さんオリジナルの鉄鍋を使って、煮込みハンバーグを作ってみたり

シェルターとなるトラックハウスがあり、雨の音を聞きながら火を焚いてほっとできる焚き火小屋がある
あってよかった


[PR]
by hee3hee3 | 2014-10-13 21:14

のこぎりをベビーサンダーに持ち替えて

a0053783_17351640.jpg

先日まで、ノコギリやルーター、鉋、鑿、サンドペーパーなどを手に、木と戯れていましたが、
今日は、ベビーサンダーや電気ドリル、バンドソーやヤスリを使って金工です

a0053783_17353413.jpg

1.2mm厚の鉄板を切って、穴を開けて、こんなものを作りました
四角い穴は、四隅にドリルで穴を開け、ベビーサンダーで4辺の一部に切れ込みを入れ、金鋸で切り取り、ヤスリで整えました
ベビーサンダーを使うと、摩擦熱で鉄板が反りやすいので最小限です
ちいさな穴ですから、ハンドソーでもたいした手間ではありませんでした

a0053783_17354143.jpg

防滴コンセントを取り付けるためのプレートです
けっこう綺麗に出来たかな?
取り付けると見えなくなってしまうのですけどね

a0053783_17355272.jpg

たそがれる?岡野さん
玄関ドア横の穴の部分は、3センチ厚の杉板です
もたれかかると心地よいというおまけがつきました
なかなかよいですね


[PR]
by hee3hee3 | 2014-10-12 22:34

つましく豊かな日常

a0053783_09062184.jpg
豆をいただきました
「このへんでは”7月15日蒔きの豆”と言うんです」
と教えていただいたそのお豆さんは、インゲン豆のような丈夫な、しかし柔らかい莢の中に、ポリポリとおいしい種が入っていました
塩ゆでで、ポリポリ、もりもりといただきました
ご馳走さまでした
正式名称がわからないということは、自家採種しながら栽培され続けてきたのでしょうか?
訊ねようと思って忘れていました


a0053783_06244531.jpg
大根が食べられるくらいに大きくなったと、わざわざ届けてくださいました
干し椎茸と一緒にあっさりとした味付けで煮物にしました
大根葉も茹でて散らしていただきました
とてもおいしかったです

a0053783_09083603.jpg

朝は、かまどの羽釜で玄米をびっくり炊きします
炎や立ち上る湯気が心地よい朝です


a0053783_09091902.jpg
大根葉を混ぜ込んで、菜飯にしました
光を透かして青菜が美しく、美味しかったです
ご馳走さまでした

a0053783_19113215.jpg
柿が熟れたかな?と毎日気になります
それにしても、柿の葉は、どうしてこんなに面白い色づき方をするのでしょうね?
舌だけでなく、目も楽しませてもらってます


a0053783_19111685.jpg
クマバチがせっせと巣穴を出入りしています
冬支度でしょうか?
焚き火小屋の薪積みの壁には、よく見ればこんな穴がいくつも空いています


a0053783_19104069.jpg
夕方、傾いた日がやわらかく差し込み、また季節が巡ってきたことを教えてくれます

畑を持たない者がおいしい野菜を頂けて、ほんとうにありがたいことです
贅沢をさせていただいています
それとは別に、この焚き火小屋の暮らしはどうでしょう?贅沢でしょうか?
これは日本のかつての日常であったのではないでしょうか?
つましくも心地よい日常
心地よさと引き換えに手に入れた便利は、幸せをもたらしてくれたでしょうか?
取り戻せないことはないと思うのです
現に、島根の焚き火小屋にはそれがあります
ノスタルジーではなく、新たにデザインし直された、心地よさが
焚き火小屋を、作りましょう



[PR]
by hee3hee3 | 2014-10-11 19:20

顔立ち

a0053783_06101997.jpg
見る人見る人が、「やっと塞がりましたね」とおっしゃる
トラックハウスのうしろ、玄関ドアの両側の穴のことです
はい、ようやくできました
美しいデザインで、手元にある材料で、自分で出来る方法で
と、ずっと考えていましたが、そのどれもを満たしたものになりました
やってみて、ダメだったらやり直そう
そう思ってやり始めた作業でしたが、期待以上に美しい顔立ちになりました
岡野さんは”お尻”と呼びますが、わたし的には家の玄関なので”顔"だと思っています
「トラックに乗せた家」なので、どちらもそのとおりでよいのです
「ひぃさんの綺麗なお尻」(笑)または、「端正な顔立ち」になったと思います

a0053783_06103804.jpg
材料は、床板のあまりの杉板(3センチ厚)
これを加工して取り付けました
下の写真のように穴には垂木を固定してあります
垂木と外面のクリアランスは12mm
板が垂木に乗る部分を、12mm残してトリマーと鑿で彫りました
杉板を穴の形に切り出すのには、コンパネを型紙にしました
微調整は、サンドペーパーです
表面の仕上げには、柿渋と荏油を塗ってあります
取付けは、垂木に両面テープで止め、板と板の間には木工ボンドを入れ、
全部納まったら、板とフレームの間を変成シリコンシーラントで縁取り
シーラントには水性ペンキを、塗っておきました
変成シリコンシーラントにはペンキを塗ることが出来ますが、それは施工してから1時間〜1週間の間です
のちのちペンキを上塗りすることがあるでしょうし、ペンキを塗ったほうがシーラントが長持ちするので、今のうちに塗っておいたというわけです
シーラントは、板をフレームに固定する役割りをしますが、デザイン的にも白い縁取りが美しいと思います

a0053783_06105484.jpg
Before


a0053783_06102974.jpg
After

どのようにしようか、アイデアが浮かばないうちは、材料が手に入らないうちは
放っておく
というのもひとつの有効な手だと教えられました
あせらず、待ってよかった
ほかを作業しているうちに、"手"が育ったり、新たな道具に出会ったり、材料が揃ったりという感じで、この顔はいまのわたしの集大成のような”作品”になりました
これだけのことが出来るようになり、感慨ひとしおであります
岡野さんにも褒めていただき、嬉しくて夢のようです
ここまでいっぱい失敗もしましたが、根気よく育てていただいたことに感謝します
ありがとうございます!
やったー!!








[PR]
by hee3hee3 | 2014-10-09 23:14

田園の贅沢

a0053783_06224252.jpg
大根の間引き菜をいただきました
畑にまいた種から苗がたくさん顔を出しますが、その全部を大根にまで育てるのではなく、少しを残してあとは引き抜いてしまいます
その引き抜かれた若苗が間引き菜です
産直でお目にかかることがあるかもしれませんが、ふつうは農家が自家消費してしまうもの
畑を持つ者しか食べられない、ある意味贅沢な野菜ですね
間引かれたこの菜っ葉だって、注がれた手間や愛情は、残されたものと変わりなく、
時期を外さなければ、若いからこその柔らかさがあって美味しいものです
ありがたや

a0053783_06223426.jpg
井戸水で洗って水切り


a0053783_06245878.jpg
みそ汁に青みとシャキシャキの食感を添える


a0053783_06231317.jpg
アミと炒めて、豆腐の薬味?に

a0053783_06230121.jpg
チャーハンに、パクチーのような使い方
味付けも、ガラムマサラを少し効かせて、異国風の味
ほかにも、パスタにしたり、おひたしにしたり、炒め物にしたり、いろいろにいただきました
ご馳走さまでした


a0053783_06224956.jpg





[PR]
by hee3hee3 | 2014-10-09 22:59

焚き火は楽し&美味し

a0053783_06322190.jpg
Photo by Okano
焚き火心に火がついたように、焚き火料理が続いています
焚き火料理と言っても、特別なものを作っているわけではなく、
普通の家庭で作るのと同じものを、焚き火を熱源に作っているといったところです

a0053783_21280911.jpg

茄子、ピーマン、かぼちゃの素揚げとか、煮物とかね

a0053783_21282329.jpg

火がご馳走


[PR]
by hee3hee3 | 2014-10-06 21:26

焚き火の季節

a0053783_22583686.jpg

久しぶりに、焚き火小屋の炉に火を熾しました
炉に赤々と火があれば、それを見るだけでも暖かく、実際身体も温まり、風が吹き込む焚き火小屋の冬もこれがあるから越せるというものです
しかし、暖かい季節はお客様でもない限り、炉に火を熾すことはほとんどありませんでした
昨日、岡野さんを訪ねたお客様が、ひととおり用事をこなした後、炉に火を熾し静かに楽しんでいました
今朝、その燃え残りを見て、自然とその跡に薪を並べていました
まるで、山小屋はもちろん登山道もないような山奥の沢に泊まった時のように
ただ燃やすだけではもったいないので、岡野さんが作った特製の”ラダー”を乗せ、小鍋とノブヒェン窯で朝ごはんのおかずを調理しました
炉に合わせて作られたこのラダーは、満タンのダッチオーブンも軽々乗せられるくらいの強度があり、調理の自在度が増します

a0053783_22584538.jpg

ノブヒェン窯の中には、冷凍塩さばフィレを並べて焼きました
香ばしく濃厚で美味しい鯖の塩焼きが出来ました
ノブヒェン窯は、ロケットストーブはもちろん、ガステーブルでも、焚き火でも使えます
熱伝導と輻射について、生活の中で身に付く程度の感覚を持ち合わせていれば、だれでも使える道具です
逆に、センサーやコンピュータなどで自動制御された生活の中で、人としての感覚を手に出来る道具とも言えるでしょう
そしてなにより、この窯で作った料理はおいしいです!

a0053783_22585234.jpg
台風18号の接近で、昨日からの野分らしい風が、雨を伴って強くなり、気温の上がらない一日でした
暖まるものをと、夕飯には豚汁をかまどの羽釜でつくりました
里芋の代わりにサツマイモを使い、黒糖と生姜を加えたところは、とあるnobさんが新地町での炊き出しイベントのために教えてくださった秘伝のレシピの技の拝借です
とても美味しくて、身体が温まります
いっぱい作ったので、いっぱい余っちゃった

芋や大根、白菜など、おいしい冬の野菜が出回り始めました
火を熾すのも、これまで以上に心地よいと感じます
上津の四季を心地よく感じることの出来る焚き火小屋ですが、焚き火の季節とでも言うようなこれからの季節もまた、よい季節です
そんな季節の到来を感じた日でした



[PR]
by hee3hee3 | 2014-10-06 01:47


風まかせ


by hee3hee3

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

管理人のページ

検索

カテゴリ

全体
南極
Mac
レシピ
ロケスト
未分類

タグ

(43)
(22)
(6)
(3)
(1)
(1)

その他のジャンル