<   2012年 08月 ( 14 )   > この月の画像一覧

残暑見舞い

a0053783_14172946.jpg


昨日も今日も「高温注意情報」発表中の青森です
今週は、炎天下で立ちっ放しの工事立会いという出張もあり、さすがにバテぎみでした

南三陸でたくさん頂いたきゅうりと茄子の漬け物
美味しくなってます
暑い日は、こういうのがいいですね
身欠きにしんをのせた蕎麦も
第49次の南極料理人の菊さんは秋田出身
蕎麦にいつも身欠きにしんを乗せてくれたのが嬉しかったと思い出します
 
[PR]
by hee3hee3 | 2012-08-30 14:25

浪打銀座の市民市場

a0053783_12401428.jpg


青森魚菜センター浪打支店
目立っていた空き店舗を整理して、こんな姿に生まれかわった
外は派手だけど、中は変わらず
「今日のおすすめは?」なんて聞きながら、「また今度ね」なんてあしらいながら、肉や魚や野菜なんかを新聞紙にくるんでもらう
志津川で焼いたホタテも、島根に送ったホタテもここの魚屋さんでお願いした
あまり大きくないサイズに、身がしっかりと詰まっていたはずだ

ちなみに、この通りの突きあたりに旧青森地方気象台があった
むかしは、浪打銀座といって賑わったそうだ
先輩方に教えてもらったこの市民市場、いつまでも残って欲しい
 
[PR]
by hee3hee3 | 2012-08-30 12:42

水車小屋のほとりにて

20120822004iriya.jpg

南三陸町に島根からじぃが来てくれた
待ち合わせは、暑い暑い夏の午後
とりあえず、涼を求めて水車小屋へ

脇の川に降り立つと、用水を渡す木の樋から水がこぼれ落ちて
そこに蔓性の植物が枝垂れかかって
夏の光が降り注ぎ
じぃもわたしも、たまらずシャッターを切る
 

More
[PR]
by hee3hee3 | 2012-08-23 19:27

機窓の夏

20120817014JAL.jpg

青森から伊丹へむかう途中の機上から
雄大な積乱雲があちらこちらで発達していた
上から眺めるのはとっても楽しいけれど、
この雲の下では、きっと雷雨
いや、気流の乱れやダウンバーストなどの危険性を考えれば、
ただ楽しんでばかりもいられない、か
 

More
[PR]
by hee3hee3 | 2012-08-20 21:36

ふるさと倉敷

20120817019kurashiki.jpg

待ち合わせまでのちょっとの時間、倉敷の街を散策する
いちどは寂れた商店街も、美観地区も、若い力でどんどん魅力的になっている
たとえば、倉敷意匠
ふるさと、といっても実家は何キロも離れた田園地帯だけれど、
何度も何度も訪れた、ここもわたしのふるさと
 

More
[PR]
by hee3hee3 | 2012-08-17 23:41

夜から朝の八甲田

20120814006hakkoda.jpg

日が暮れてから山に登りたくなり、八甲田に登ってしまった
月なく、快晴の空に満天の星
たどり着いた山小屋で、スコッチをお湯割りにし、
また星空を眺める
 

More
[PR]
by hee3hee3 | 2012-08-15 07:29

燃える空

20120813002aomori.jpg

青森の、激しい夕焼け
 
[PR]
by hee3hee3 | 2012-08-13 20:16

協働の和は途切れず

被災地にロケットストーブを届ける活動は、震災から1年5ヶ月を過ぎた今も続いています
焚き火小屋でじぃが本体、ゴトク、ノブヒェン窯をつくり、
宅急便で送ってもらって、
現地で組み立て、配る
注文も、いまだに追加をいただいています

多くの人の協働で成り立っているこの活動
先日、またたくさんのペール缶が焚き火小屋に届きました
きれいなエネオス缶です
ペール缶を集めてくれた広島の人、島根から引き取りに行ってくれた人
お二人のおかげで、20〜30台のロケットストーブをつくることができます

その前には、ツリークライミングの先生の森田さんが東邦レオさまから寄贈いただいたパーライトと、高校生たちと一緒に作ったロケットストーブ本体を南三陸まで届けてくれました

いまも被災地のことを忘れず、こうして行動してくださること、有難いことです
 
[PR]
by hee3hee3 | 2012-08-13 19:38

夏の思い出

20120811001hakkoda.jpg

八甲田の中腹に湧く湧水がつくる沼
素足をひたせば、1分と我慢できない冷たさ
この冷たさは、いったいどこから?
 

More
[PR]
by hee3hee3 | 2012-08-11 20:06

神行堂山と巨石と人里

a0053783_15373185.jpg

「巨石」を見るといい、といわれた
南三陸町の入谷から歌津に抜ける坂の貝峠にかけて、大きな岩がところどころに横たわり、それぞれに名前が付いているのは知っていた
それらとは別に、「巨石」というものがあるらしい
南三陸をあとにしようと車を走らせている時、ふと「巨石」の案内が目に止まり、脇道を入ってみた
少し暗い杉林の道を抜けると、おだやかな農村があった
時は夕暮れ前、蜩がカナカナと鳴く中で、子供たちがボール遊びをしていた
美しい光景

More
[PR]
by hee3hee3 | 2012-08-06 19:36


風まかせ


by hee3hee3

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

管理人のページ

検索

カテゴリ

全体
南極
Mac
レシピ
ロケスト
未分類

タグ

(43)
(22)
(6)
(3)
(1)
(1)

その他のジャンル