<   2006年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧

早朝登山

a0053783_2335388.jpg

薄明かりの中、茶臼岳へ
まだスキー場もひっそりとしている
稜線へあがると、時折雪雲が流れ込んできて風も冷たい
2時間程度で茶臼岳山頂
誰もいない
茶臼小屋に泊まった人もいないようだ
山頂から南よりに滑り降り、途中から東斜面にドロップイン
樹林の中を気がすむまで滑る
立ち止まった頃、青空が広がってきた
陽光の中にきらきらとダイヤモンドダスト
いいね、いい朝だね
[PR]
by hee3hee3 | 2006-01-29 21:41

雪のトンネル

a0053783_1122453.jpg

道路脇の雪壁にぽっかりあいた穴
何かと思えば、酸ヶ湯温泉南口
入り口までトンネルの中をくぐっていきます
城ヶ倉大橋たもとの公衆便所の入り口もとうとうトンネルになりました
用がなくてもくぐってみたい
※ヒゲで幅を確認してから入りましょう
[PR]
by hee3hee3 | 2006-01-28 22:31

復活

また八甲田
先日の暖気で落とされてしまった雪の鎧もあっという間にもとどおり
天気はぱっとしませんが、さくっと2時間で山小屋に着き、
まずは、ホットワイン+tukutukのシュトーレンでおやつ
晩ごはんは、キムチ鍋
シャンパンで相方の誕生日を祝いました
a0053783_153084.jpg

[PR]
by hee3hee3 | 2006-01-27 20:48

あねっこバーガー

a0053783_1713124.jpg

また山の温泉に行ってきました
今度は一泊
で、やっぱり寄り道して「あねっこバーガー」
マーガリン少なめにお願いしてしまった
tuktukのパンは、店で買おうと思い行ってみたら、
「しばらくの間店舗での販売をお休みします」
・・・がっくし
[PR]
by hee3hee3 | 2006-01-24 17:58

凍える朝

うすゆき山荘に泊まって早池峰山の山すそを散策
とっても冷え込んだ朝、空気がきりりと澄んでいる
幾分冬型が弱まったとはいえ、山頂付近は雲がたなびく
コメガモリ沢のあたりでカモシカと遭遇
よい朝だ

※大迫05時気温:-14.1℃
 花巻最低気温:-14.8℃(06:02)

a0053783_16102470.jpg

お地蔵さんも半分雪の中
[PR]
by hee3hee3 | 2006-01-20 12:42

a0053783_953274.jpg
赤い炎と青い炎
薪ストーブとスベア123の競演
身も心も温かくなる


ところで、この薪ストーブ、いいかげん老朽化して、かなり煙たい&汚い
ちょっと湿った薪でも入れようものなら、燻製室になってしまう
大迫町(現花巻市)が設置したのではなく、誰かの私物らしいが、
責任もって撤去してもらいたい
で、新しいストーブお願いします
[PR]
by hee3hee3 | 2006-01-20 06:45

低温注意報

a0053783_13201599.jpg

また寒い日が続いています
オリーブオイルも凍えてしまいました
ゴマはなんとか持ち堪えていますが、ピーナッツは振っても叩いてもびくともしません
冷蔵庫は凍らせたくない物を入れる道具になっています
[PR]
by hee3hee3 | 2006-01-19 13:20

がりがり

また酸ヶ湯に泊まって八甲田山へ
今回の自炊メニューは「きりたんぽ鍋」に酒は「作田」の特別純米
ユニバースの「きりたんぽ鍋セット」はちょっと詐欺だったが、おいしくいただきました
a0053783_2043816.jpg

3月のようにぬるい気温
酸ヶ湯の屋根もすっかり雪が落ちてしまった
八甲田でさえ前日は雨だったようだ
当然、山の雪も滑って楽しい状態ではありませんでした
天気は、曇り
ちょうど小岳に登っている時は青空が広がって気持ちよかった
風の強い小岳山頂からがりがり~と滑り降り、クラストにつまづきながら睡蓮沼方面を散策
睡蓮沼には観光客もいるはずはなく、ひっそり
もちろん沼も雪の下

夕飯は、久しぶりの「紀文寿司」
なんだかんだ言いつつ、今日もいい一日でした
[PR]
by hee3hee3 | 2006-01-15 21:08

モノトーン

a0053783_18362777.jpg

先日の八甲田の写真
カラーリバーサルフィルムで撮った写真だが、青いモノクロの写真のようだ
この日の天候は「高曇り」
太陽の位置がわかる程度の高層雲に覆われていた
雪面の凹凸が見えなくて、なんとも滑りづらい日だった
[PR]
by hee3hee3 | 2006-01-12 18:35

酸ヶ湯温泉

a0053783_14241256.jpg

酸ヶ湯沢の対岸から望む
雪の中に埋もれてしまったようなたたずまい
その名の通りスッパイお湯があふれている
石鹸で髪を洗うと、この酸性のお湯がリンスにちょうどよい
名物は「ヒバ千人風呂」
湯上りには、奥の売店の甘酒がはずせない

※本当は「鹿湯」がなまって「すかゆ」と聞こえたというのが由来らしい
 本当にそう聞こえるから、間違いないような気がする
[PR]
by hee3hee3 | 2006-01-11 15:16


風まかせ


by hee3hee3

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

管理人のページ

検索

カテゴリ

全体
南極
Mac
レシピ
ロケスト
未分類

タグ

(43)
(22)
(6)
(3)
(1)
(1)

その他のジャンル