カテゴリ:未分類( 1046 )

デジタル断捨離

a0053783_10381792.jpg


Macや外付けHDDが立て続けにトラブルを起こしています
外付けHDDは、バックアップデータやデジカメ写真、メールのアーカイブなどが入っていたのに、
修復もアクセスもできず、ほとんどのデータを失いました
消えたときは消えたとき、と、デジカメ写真はバックアップもとっていなかったので、
Webに上げた何点かが手元に残ったのみです
スライドをデジタル化したデータも、手元のものはすべてなくなりました
でも、スライド自体はなくならないので、あえてバックアップを取っていませんでした
こういうのがデジタルの怖いところと日頃思っていましたが、なくなったらなくなったで
すっきりもしました
情報を集めるとか溜め込むとか、データを保存するとか、じつはそんなに必要でなかったようです
クラウドも、データセンターが資源や電気を大量に消費していることも考えると、無料だからとやたら利用するのはやめようと思います

写真は、MacbookAirの底蓋を外したところです
バッテリーが充電しなくなったので、安い純正部品を手に入れて交換
・・・したのに、こんどは動きがへん
バテリーだけの問題でなかったのか、交換作業がまずかったのか?
僅かなスペースに精密部品がぎっしりと詰まっているMacbookAir
ちょっとしたことで不具合がおこってもおかしくないですね
さて、どうしようかな

こんな風にトラブルが続いて、
ほんとうに大切なものだけ、紙などの形で残すのが最良かと思い始めています
手書きは手間だし、写真屋さんやコンビニでプリントするのにもお金がかかりますので、何でもとりあえず保存、というのはなくなるでしょう
トラックハウスも狭いですし
ここはひとつ、デジタル断捨離を決行ということにしようと思います
デジタルに限らず、なんでも溜め込むのはよくないですね
すっきりなっとく気持ちよくテクノロジーを使いこなせたらいいなと思います

(追記)
バッテリー交換後の不調の原因は、バッテリーの互換性の問題でした
あるWebサイトで互換性があるとされていた同一スペックのものが適合しなかったようです
本来のモデルに交換して解決しました

 

[PR]
by hee3hee3 | 2014-11-27 23:37

トップライトの下で

a0053783_13341747.jpg

写真は、トラックハウスの折りたたみ式デスクで一人ごはんのシーン
今日は留守番なので、こちらに運んで食事としました
そういえば、ここでいただくのは初めてかも知れません
この机の上には、天窓が位置しています
曇り空の程よい光が、壁の杉板や野菜の色を自然に引き立ててとても心地よい空間となりました
メニューは、ノブヒェンのトースト(チーズのせ)と、生姜たっぷり野菜と鶏のスープ
実家に帰った頃から、何となくだるくて眠くて寒いなぁと思っていました
昨日免許の更新に免許センターに行ったら、珍しく他の人より厚着の自分に気がついて・・・
どうやら少し風邪気味のようです(おかげで、免許証の写真は最悪 orz)
暖かいものを、と生姜をたっぷりすり入れたスープを作りました
野菜は、実家のレタスやミニトマト(倉敷ではまだ生るのです!)やKAGUYAさんの玉ねぎや、その他冷蔵庫にあったキノコやかぼちゃなど
生姜の他に味付けは、塩と胡椒とほんのちょっとの醤油
あぁ、美味しい・・・
野菜の甘さ、うまさがしみわたります



 
[PR]
by hee3hee3 | 2014-11-26 13:44

Door on door

a0053783_11295712.jpg
出雲から倉敷に向かう途中にある、東城のまち
古い商店街をちょっとぶらり
ひな祭りの時にもぶらりしたのですが、風情をのこした通りです
写真は、明治時代に建てられた商家の入口
大きくて頑丈な戸が跳ね上げ式になっていました
滑車を使って上げ下げするようになっています
尋ねると、毎日いまでもこの戸を上げ下げしているそうです
なぜこのような造りなのかということは、残念ながら訊ねてもわかりませんでした
よく見ると、はね上げ式の戸の中に引き戸もついています





中も素敵でした
[PR]
by hee3hee3 | 2014-11-24 21:27

顔の見える食卓

a0053783_22024704.jpg

朝ごはんのみそ汁の具は、因島のサツマイモ、おばあさんの玉ねぎ、自衛官殿の青梗菜

a0053783_22025966.jpg
夕飯のおかずは、因島の塩で寝かせた豚バラ肉と因島のサツマイモ・レモンを炒めたもの
ありがたくて、おいしくて、
手を合わせただけでは足りなくて、頭も垂れる・・・

 



[PR]
by hee3hee3 | 2014-11-20 22:16

寒い朝のしあわせ

a0053783_22465029.jpg

立ち上る、湯気、湯気、湯気、、
湯気のあたたかさ
 

[PR]
by hee3hee3 | 2014-11-19 22:51

玄関ドア

a0053783_21135324.jpg
ようやく、玄関にドアが付きました
いえ、ドアは付いていたのですが、フレームだけだったのに板が入りました
まだ板一枚分の隙間がありますが、ここは木の板ではなくて、光が透るようにします
取っ手や鍵も、これから考えます
しかし、ちゃんとドアを開け閉めして家に出入りするというのがいちいち嬉しいです
それに、何度見ても格好いいドアです

a0053783_21140609.jpg
これが我が家の”顔”です
よい板と出会い、それをちゃんと取り付けられることが出来るようになってようやく、
恥ずかしくない”顔”を作れたと思います
板は、質のいい杉の赤身(心材)に荏油を塗りました
光の当たり具合でマホガニーのようにも見える色
節目もいい雰囲気です

a0053783_21141393.jpg

内側
外側からは金具が見えないように、板の取り付けは内側で処理しています

a0053783_21143375.jpg
フレームに取り付けた金具と板をビス止めで固定
金具は、アングルバーを加工して岡野さんが作ってくださいました
雰囲気のある板に合わせて、黒皮の素地を生かしたクリアー塗装
フレームにきっちりと納まった板の切り出しは、板を提供くださったところで大工さんが加工してくださいました
難しい”肝”なところを熟練の手で押さえてくださったおかげで、ドアのクオリティが格段にあがりました

a0053783_21144163.jpg
ビスを受けるのは、板に埋め込んだ「鬼目ナット」
鬼目ナットは、木材に雌ねじを作ることが出来ます


a0053783_21144978.jpg
金具とフレームの接続は、フレームにタップを切ってビス止めしました
アングルの幅を詰めて、表からアングルが見えないようにしてあります

a0053783_21163353.jpg
すっきりと、板を生かした表側
本当にいい板です
この板と出会い、これを生かすために、取り付け方法を考えて工夫しました
次は、これに負けないように、取っ手や鍵も考えなければ(岡野さんよろしくお願いしますm(__)m)
取っ手の取り付け方法やデザインなども、板の雰囲気と取り付け方法の制約を受けます
こうやって少しずつ選択肢が絞り込まれ、理にかなって美しいデザインが生まれるのですね
じたばたせずに待つということも大切だと教わりました
取っ手や鍵は、どんなデザインが生まれるのか、楽しみです

  
 


[PR]
by hee3hee3 | 2014-11-19 22:18

福島の紅玉リンゴ

a0053783_09192294.jpg

福島から、リンゴが届きました
「あんざい果樹園」さんの、紅玉リンゴです
ダンボールやパンフレットも気持よく心地よいデザインで好きです


a0053783_09193506.jpg

加工用ということでしたが、早速切っていただきました
おいしいです
外には傷などあったりもしましたが、濃い赤色が美しく、中は白くて美しく
味見のつもりがもうちょっと、もうちょっと止まりません

a0053783_09194597.jpg

福島で4年暮らし、こちらからリンゴやラ・フランスなどの果物はもちろん、カフェでお茶したり、大変お世話になっていました
そう、農園の他にカフェや器屋さんもご家族でされていたのです
とても素敵なご家族です
他にも、福島のよいところを楽しんでもっとよくしようと、いろいろなイベントをしたり、いろいろな業種のお仲間と活動されています
福島の街ことやよいお店、山や自然のことなども教えていただきました
あんざいさんやお仲間たちのお店に出入りしたり、イベントに参加したりして、福島がどんどん好きになったものです
もちろん、いまでも好きです
さて、あんざいさんの農園では、極力農薬や化学肥料を使わず、米ぬかや有機肥料を使って土づくりから取り組んでいらっしゃいます
不幸なことに、福島市には放射性物質がたくさん飛来しました
福島市でも西の山際に近い農園ですが、市街にくらべると低いとは言うものの、放射能が検出されます
あんざいさんの若い4代目ご夫婦は、小さなお子さんと一緒に北海道に移り住んで「たべるとくらしの研究所」を始められました(こちらからのメッセージもぜひご覧になるといいと思います)
あの素敵で美味しかったカフェもいまは福島にはありません
福島では3代目のおじさんたちが、農園の表土を取り除いたり樹木を洗浄したりの独自の除染を行い、(公的機関より一桁小さい)1Bqkgまで測れる検査機関を独自に通して検査結果を公表して販売しておられます
震災から3年を経た今年のリンゴは「検出限界未満」つまり1Bq/kg未満です
これをどう捉えるかは人それぞれだと思います
わたしは、美味しくありがたくいただきます
放射能以外にも農薬や化学調味料などの添加物、水の汚染や大気の汚染など、悲しいかな、怪しいものに溢れている昨今
生きるために食べるものを、他の誰かが作ったものに依存している状況で、
こうして信頼できる人が作ってくださった、素性のはっきりした食べ物を口にすることができ、ありがたいことだと感謝します



[PR]
by hee3hee3 | 2014-11-17 09:49

初柚子と残りもの料理

a0053783_02100929.jpg

庭に、柚子がなっていました
薄味の出しで炊いた里芋の煮物が、これだけでぐっと豊かな味になりました
朝ごはんは、これと昨夜残しておいた赤貝の煮付けで混ぜご飯など
お昼には、豚肉と小松菜の炒め物の味付けに赤貝の煮汁を使いました
煮汁とか、お汁の残りはもったいないのでとっておいて、あとで使い回します
「残りもの」なんて言うのももったいない
残りものには、そのとき使った素材のうまみがたっぷりととけ込んでいるのですから
それを使い回した料理は、二度と出会うことの出来ない「一期一会」の味なのですから
「あれが美味しかったからまた食べたい」
と思っても、使い回しの最初からたどることなど無理というもの
なんとも贅沢な味だと思っています





[PR]
by hee3hee3 | 2014-11-12 23:09

ちりばめられた月を眺める

a0053783_01504222.jpg


夜露の降りた天窓のむこうに、月

 

[PR]
by hee3hee3 | 2014-11-12 02:50

有り難し

a0053783_01315710.jpg

焚き火小屋の岡野さんの元に届いたミカン
わたしもご相伴にあずかっています
1個食べれば満腹感が味わえるほど、おいしさが濃厚で、美味しくない要素が見当たりません
ナイフで切ってみれば、しっかりと詰まった果肉が、濃いオレンジ色をして美しいこと
この素晴らしいミカンは、因島の「おばあちゃんのみかん園」=「村上農園」さんのおミカンです
なんとなんと、農薬や化学肥料を使わないで栽培されています

a0053783_01361566.jpg
「傷が出来るのは無農薬であることの刻印みたいなもの」
安全と美味しさの証がしっかりと刻まれています
見た目も美しいです

実家の近所のおばちゃんの里も広島の別の島
そこで自家用に栽培されている柑橘類をよくいただいているのですが、自家用だから低農薬
「じゃって、そのほうが絶対美味しいもん」
というとおり、農薬が見た目と引き換えに美味しさを損なわせているのは明らかです
とはいっても、柑橘類の栽培はそれらを使わないと難しいということです
農薬化学肥料を使わない栽培を創めて33年」の村上農園さん
体によくないものは作ってはいけないという信念を貫き、現在では土中の微生物も多く生息するようになり、害虫の天敵も増え・・・」
そんな挑戦の賜物をいただいております
ありがとうございます

 




[PR]
by hee3hee3 | 2014-11-12 01:31


風まかせ


by hee3hee3

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

管理人のページ

検索

カテゴリ

全体
南極
Mac
レシピ
ロケスト
未分類

タグ

(43)
(22)
(6)
(3)
(1)
(1)

その他のジャンル