つましく豊かな日常

a0053783_09062184.jpg
豆をいただきました
「このへんでは”7月15日蒔きの豆”と言うんです」
と教えていただいたそのお豆さんは、インゲン豆のような丈夫な、しかし柔らかい莢の中に、ポリポリとおいしい種が入っていました
塩ゆでで、ポリポリ、もりもりといただきました
ご馳走さまでした
正式名称がわからないということは、自家採種しながら栽培され続けてきたのでしょうか?
訊ねようと思って忘れていました


a0053783_06244531.jpg
大根が食べられるくらいに大きくなったと、わざわざ届けてくださいました
干し椎茸と一緒にあっさりとした味付けで煮物にしました
大根葉も茹でて散らしていただきました
とてもおいしかったです

a0053783_09083603.jpg

朝は、かまどの羽釜で玄米をびっくり炊きします
炎や立ち上る湯気が心地よい朝です


a0053783_09091902.jpg
大根葉を混ぜ込んで、菜飯にしました
光を透かして青菜が美しく、美味しかったです
ご馳走さまでした

a0053783_19113215.jpg
柿が熟れたかな?と毎日気になります
それにしても、柿の葉は、どうしてこんなに面白い色づき方をするのでしょうね?
舌だけでなく、目も楽しませてもらってます


a0053783_19111685.jpg
クマバチがせっせと巣穴を出入りしています
冬支度でしょうか?
焚き火小屋の薪積みの壁には、よく見ればこんな穴がいくつも空いています


a0053783_19104069.jpg
夕方、傾いた日がやわらかく差し込み、また季節が巡ってきたことを教えてくれます

畑を持たない者がおいしい野菜を頂けて、ほんとうにありがたいことです
贅沢をさせていただいています
それとは別に、この焚き火小屋の暮らしはどうでしょう?贅沢でしょうか?
これは日本のかつての日常であったのではないでしょうか?
つましくも心地よい日常
心地よさと引き換えに手に入れた便利は、幸せをもたらしてくれたでしょうか?
取り戻せないことはないと思うのです
現に、島根の焚き火小屋にはそれがあります
ノスタルジーではなく、新たにデザインし直された、心地よさが
焚き火小屋を、作りましょう



[PR]
by hee3hee3 | 2014-10-11 19:20


風まかせ


by hee3hee3

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

管理人のページ

検索

カテゴリ

全体
南極
Mac
レシピ
ロケスト
未分類

タグ

(43)
(22)
(6)
(3)
(1)
(1)

その他のジャンル