南極講演と岡山散策

08070725syowa

先日散策した備前福岡の近くの小学校で、南極のおはなしをしました
雨の中、電車に乗って
吉井川を渡ったその先の田園地帯にその小学校はあります
校庭の片隅にはトウモロコシや茄子やトマトの畑があり、
子どもたちは素直で元気で、まなざしがキラキラと輝いていました
講演内容で、オゾンホールの話もと校長先生からリクエストがありました
なんと、4年生で勉強するのだそうです
といっても、難しいことはわからない、そりゃそうでしょう
講演では、日本の空と南極の空、世界中の空がつながっていること
(だから、フロンガスが南極上空で悪さしている)
世界中の国々がフロンを使うのを止めるという行動を起こしたこと
それによって、オゾンホールは少しずつだけど小さくなってきていること
そんなお話を、オゾンの観測風景や真珠母雲(オゾンの破壊物質で出来た雲、上の写真)を紹介しながらしました
自分たちの暮らしが、南極(世界中)の自然に影響することや
みんなで知恵と力をあわせれば、地球の環境を変えることだって出来てしまうということ
それが伝わればいいなと思いました
1時間の枠をいただいた講演の終わりの10分ほどを質問の時間としましたが、いっぱい手が挙がって全部に答えられなかったのが心残り
中には、なぜ被災地にロケットストーブを持って行ったのかといった質問もあったりして、
子どもたちの直球ど真ん中な質問は心地よく、そしてドキドキもしました

a0053783_22202231.jpg

講演のあと、岡山駅で電車を乗り継ぐついでにちょっと散策
駅を出たところにレンタルサイクル「ももチャリ」というのがあったので、利用してみました
南極の写真が入った図面ケースがちょっと邪魔だったけど、歩くより快適
県庁跡の「天神山文化プラザ」まで行ってみました
日本大学芸術学部岡山江古田会展という写真展を見て、
それだけではもったいないとついでに「小野桂華遺墨展」に立ち寄ったら、これがすごかった
3年前に亡くなられた書家・小野桂華先生の作品がずらり
はっきりいって書道はさっぱりなのですが、それでも圧倒されました
様々な作風、繊細で頼りなさげとみえて迷いのない文字
写真を拝見すれば、ふつうのおばちゃんのような感じでしたが(失礼!)
「美」と言うものにたいする情熱が並大抵でないことが作品から感じられました
情景を詩にしたためた作品に、写真ですらかなわないと思えるものや(「夕光」)
数メートル手前からエネルギーを感じる作品もありました
圧倒されて疲れを感じながらも立ち去り難い
作品集、買えばよかったな
写真は、西川緑道公園にて撮影
岡山市街の中を流れる川に沿った公園で気持のよいところです
思えば、この辺りを散策するのは高校生のとき以来かも
あの頃は、よく表町などひとりでぶらぶらしたものです
いまでも、変わらず好きな場所だと思いました
 
[PR]
by hee3hee3 | 2014-06-18 22:19


風まかせ


by hee3hee3

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

管理人のページ

検索

カテゴリ

全体
南極
Mac
レシピ
ロケスト
未分類

タグ

(43)
(22)
(6)
(3)
(1)
(1)

その他のジャンル