南極の自然と環境~昭和基地から地球環境を見守って



1月18日に、倉敷科学センターで南極のお話をすることになりました
「科学館からのお知らせ」

今回は、科学館ということもあり、気象や環境のお話をちょっと掘り下げてみたいと思っています
小学生〜なので、そんなに難しい話はしませんが

南極というと、ペンギンやオーロラ、南極料理人やタロ&ジロなど思い浮かべるのではないでしょうか?
そんな南極を、ずーーーっと上から、宇宙ステーションや人工衛星から眺めるように見てみると、
地球上に白く輝く大きな大陸、それが南極です
時に、天使の輪のようにオーロラが輝いていることでしょう
季節が夏なら、大陸は一日中白く輝いていることでしょう
冬なら、一日中太陽の光が届くことはないでしょう
地球の温度は、太陽からもらっています
赤道付近は強い日差しを受けるので温度が高く、
南極や北極は、日差しが弱い上に、雪や氷が光を反射するから寒いのです
だけど、青く輝く地球の大気や海洋が、その温度差を小さくしてくれてます
風や海流、雲や雨雪などが熱を運んだりして
だから南極は地球のクーラー
だから南極は北極よりも寒い
そんな話をしたいと考えています
そんな話と南極の風景写真をどう結びつけようか
どこにペンギンを登場させようか
と、頭をひねっています

「南極は地球環境の窓」
南極観測は、窓から地球を眺めること
さて、どんな地球が見えるかな?
[PR]
by hee3hee3 | 2013-12-29 23:13


風まかせ


by hee3hee3

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

管理人のページ

検索

カテゴリ

全体
南極
Mac
レシピ
ロケスト
未分類

タグ

(43)
(22)
(6)
(3)
(1)
(1)

その他のジャンル