ロケットストーブを囲んで

a0053783_6593676.jpg

また、cafe「あづま〜れ」でケーキを焼きました
カフェは、風通しの良い、とても気持ちのいい場所にあり、下の仮設住宅に住んでいなくても、無料で飲み物をいただくことができます
仮設の人はもちろん、ボランティアにとってもほっと憩える場所になっています
わたしも、よく休憩させてもらいます
ボランティアさんは、臨床心理士
被災した方の心のケアとして、おはなし相手をされています
そんなお話の中でロケットストーブの事を聞かれることもあります
説明すると、ほとんどの方が興味を持たれ、欲しいとおっしゃります
すぐにやってくる寒い季節、カフェの暖房としても使えたらいいなぁ、とか
焼き芋焼きたい、とか
みなさん、いろいろとイメージが膨らみます
まずは、実物をご覧あれ、ついでにおいしいケーキでも!




車から組み立て済のロケットストーブをとりだし、セッテイング
みなさん、荷物運びを手伝ってくださいます
そうしてカフェの片隅に置かせてもらったロケットストーブを、自然と人が囲みます
焚き火でもそうですが、人は火を囲むが好きなのです
時々火をつつきながら、おしゃべりして
頃合いが来たら、ど〜れ、と蓋を開けて、こんがり焼けたお餅や焼き芋を、みんなでいただく
そんなシーンが、このロケットストーブから見えてきます

ノブヒェン窯の中から、歓声と共に登場したのは、
いつもの、ひびきさんの「アップサイドダウンネクタリンケーキ」
カフェは人がふえてしまいましたが、すこしずつでいいから皆さんで食べましょうね、と被災者の方がケーキを人数分に切り分けて配ってくださいます
ちょうど見回りにこられたお巡りさんにもちゃんと配ってあげます
ここの方たちは、今までこうして、辛い時期も、みんなで協力しあって生きてこられたのだと、胸がじ〜んとします

ケーキは、美味しい!と、皆さん笑顔
最高に嬉しい時間です

車に積んであった「焚き火小屋製作所」のロケットストーブ2台は、このあと引き取られていきました
さらに、3台のご注文
そのあとも、携帯に3台の注文をいただき、じぃと共に嬉しい悲鳴!
よっしゃぁ、頑張るぞぉ
[PR]
by hee3hee3 | 2011-08-29 13:59


風まかせ


by hee3hee3

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

管理人のページ

検索

カテゴリ

全体
南極
Mac
レシピ
ロケスト
未分類

タグ

(43)
(22)
(6)
(3)
(1)
(1)

その他のジャンル