洪水と土砂災害

a0053783_21595994.jpg
7月27日から30日にかけて、記録的大雨となった只見町
あの日、大雨警報、洪水警報、土砂災害警戒情報、記録的短時間大雨情報など、大雨を最大限警戒する情報が発表となる中、ニュースでは川の増水や住民の避難、災害の発生などを伝えていました
幸い、犠牲者は多くなくてよかったですが、きっと現地は人手が必要だろうと、出かけてきました




a0053783_22232526.jpg
といっても、土砂崩れや橋の流失などで、アクセスできるところは限られています
只見へも、一旦南会津まで南下して、南郷から北上というルートで入りました
道路は、至る所で土砂崩れや土石流が発生していました

a0053783_22261379.jpg


a0053783_22263113.jpg


a0053783_2227339.jpg
線路の下が流れてしまった只見線

a0053783_22275814.jpg
流失した橋

a0053783_22274182.jpg


a0053783_22281666.jpg
叶津川の水は、川沿いの民家に侵入し、橋を越えて只見川に流れ込んだようだ
1時間降水量約110ミリを解析したのは、この川の源流部だ
青々と育った稲が砂で埋まっているのが痛ましい

a0053783_22284111.jpg
きゅうりが鈴なりの畑もこんなになってしまった

川沿いの家々では、家族や知人やボランティアの手で泥や浸水した家財を運び出していた
ボランティアの入っていないお宅で、「お手伝いはいりませんか?」と声をかけると、「手伝ってもらえるならありがたい」と受けて下さり、一緒に汗を流した
一番重かったのは、ピアノ
次は、たっぷり水を含んだ畳
重量物を出し終えたところで今日はおしまいにしたけれど、これから泥を洗い流して、壊れた建具などを修理するなど、まだまだ大変だろう
前回の新潟・福島豪雨の時は、三条で同じようにボランティアをしたけれど、この泥や匂いはいくら掃除してもなかなかとれないものだった
それでも、人の手で地道にやって行くしかない
県境の向こうの新潟県でも、被害が広範囲に広がり、大変なことになっていることだろう
たくさんのボランティアの手を必要としているはずです
[PR]
by hee3hee3 | 2011-08-02 22:49


風まかせ


by hee3hee3

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

管理人のページ

検索

カテゴリ

全体
南極
Mac
レシピ
ロケスト
未分類

タグ

(43)
(22)
(6)
(3)
(1)
(1)

その他のジャンル