夏の雲

a0053783_23154523.jpg

夏の日差しで暖められたり、太平洋高気圧の周りを回って南から流れ込んだ、暖かい空気が、
何かのきっかけでぐんぐんと上昇し、上空の冷たい空気に冷やされて雲が出来る
水蒸気が雲になるときに、また熱が発生して、空気はさらに上昇する
高く成長した雲の中で水滴が合体して大きくなり、ついには落下して雨を降らす
冷たい、雲の上のほうでは、水滴は氷の粒となっていることだろう
これが地上に落ちれば、雹や霰だ
雲の中で氷の粒がこすれ合って静電気がたくさん発生すれば、雷となる
夏の空の入道雲では、こんなドラマが展開されているはずだ
高く成長した雲は、「圏界面」と呼ばれる大気の境目に到達し、そこから上へは成長できず横に流れる
それが、この写真
[PR]
by hee3hee3 | 2011-07-11 18:15


風まかせ


by hee3hee3

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

管理人のページ

検索

カテゴリ

全体
南極
Mac
レシピ
ロケスト
未分類

タグ

(43)
(22)
(6)
(3)
(1)
(1)

その他のジャンル